トップページ 平均株価 上場投信 株価指数先物 オプション 長期実績 個別株

平均株価研究会 株価指数先物 トップページ

株価指数先物とは

 ある人が、1ヵ月後に定期預金が満期になるので、そのお金で金1kgを購入することを決めたとします。金の取引は世界的な市場で行われ、その価格は毎日変動しています。そのため、1ヵ月後に金1kgを購入するとき、どのくらいの現金が必要なのかわからず、不安を感じます。
そこで、今日に決定されている金価格で1ヵ月後の購入を予約できる方法があれば、購入者としては安心して取引を行うことができ、大変便利です。
  • このような種類の取引を、一般に先物取引といいます。それら先物取引の中で、ある予約時点で平均株価指数の売買を行うものを、株価指数先物といいます。
    具体的には、株価指数先物とは、現在の株価指数の数値と将来の特定の期日における株価指数の数値との差に相当する金銭の授受を約する取引です(将来の特定の期日までに転売又は買い戻しにより、差金決済をすることができます)。

  • 日本の株価指数先物は、現在、日経平均株価に対応する 「日経225先物」 と東証株価指数に対応する 「TOPIX先物」 が、広く利用されています。
    取引高の点では 「日経225先物」 の方が 「TOPIX先物」 よりはるかに多いので、前者のほうが相場の急変時などでも正常に取引できる可能性が大きいといえるでしょう。

  • 現在、株価指数先物取引は, 3月、6月、9月、12月の第2金曜日の前日を取引最終日(満期日)とする取引に区分して行われます。これらを限月取引(げんげつとりひき)といい、取引最終日の近いものから順番に5つの限月取引が並行して行われます。

指数先物の特性

 この株価指数先物が、どのような特性を持つのかを説明いたしましょう。
  • 満期日までの残存日数が長いほど、先物株価は現物株価より金利分だけ高くなるのが普通です。しかし、現在は金利水準が非常に低いので、基本的に先物株価と現物株価との差はあまりありません。
    満期日には、先物株価は理論的には現物株価と同じになります。

  • 3月、6月、9月、12月の第2金曜日が限月の区切りになっているので、その前後で先物株価が大きく変動することがあります。これらの区切りはオプションの限月区切りと一致しているので、お互いに影響しあうことも多く、その変動が現物株価に波及することもあります。

  • もともとこの株価指数先物の役割は、機関投資家のように多くの株を保有している投資家に持ち株の値下がりに対するヘッジ手段を提供することでした。そのために、株価指数先物は、通常の銘柄と同じように買い付けるほかに信用取引で売りも行えるようになっています。
    多くの株を保有する機関投資家は、今後相場全体が値下がりするであろうと思っても、直ちに保有株を市場で大量に売却することはできません。その代わりに、現物株を保有したまま株価指数先物を売ることで、株式資産のヘッジを行うわけです。

  • 株価指数先物のもう一つの役割は、比較的安いコストで大量の株を売ったり、買ったりする手段を提供することです。株価指数先物を行うには、証券会社に証拠金を積む必要があります。現在は株価指数先物一枚あたり100万円の証拠金から、取引ができるようです(証券会社によって異なります)。
    その証拠金で日経平均株価がたとえば17000円とすると、1700万円分の取引ができるのです。

  • ただし、株価指数先物はきわめてリスクの大きな取引ですので、慎重に運用する必要があります。そのためには、株価指数先物と密接な関係にある現物平均株価である日経平均株価や東証平均株価(TOPIX)の動向を十分調べる必要があります。

  トップページへ